休む勇気も大切。会社でストレスを感じたときに試したい5つのこと

休む勇気も大切。会社でストレスを感じたときに試したい5つのこと

社会人として長く働いていれば、誰でも「今日は会社に行きたくない」と思う日がありますよね。

思い切って休んでしまいたいけれど、仕事も溜まっているしそんな訳にもいかない…と無理して出社したりしていませんか?

実はそれ、ちょっと危険かもしれません。

心身の健康を保つためには、時には会社のことを顧みない勇気も必要です。

会社でストレスを感じた時や、出社したくない時は、無理をするのではなく次のようなことを試してみましょう。

辛い仕事に無理は禁物!会社でストレスを感じた時の対処法とは

会社には人間関係や仕事内容、上司からの叱責などストレスの元がたくさんあります。

でも職場でイライラして辛くなってしまうと、結果的に仕事の質も下がってしまい、また新たなストレスを生んでしまうという悪循環に繋がってしまいます。

そんな時は無理をせずに、ストレスを発散することが大切!

ここでは会社のストレスに耐えられなくなった時の対処法をご紹介します。

1.有給休暇を取得する

1.有給休暇を取得する

ストレスが溜まりすぎて、どうしても会社に行きたくないこともあると思います。

そんな時は思い切って有給を取ることをおすすめします。

会社によって有給取得率は様々ですし、仕事の状況によってはとても取得できるような雰囲気じゃないということもあるでしょう。

それでも、自分の健康には変えられません。

仕事と健康を天秤にかけた時に、仕事を選んでしまう人も少なくないのですが、そもそも心身が健康でなければ良い仕事はできないですよね。

仕事は自分で思っているよりも、なんとかなります。

有給は労働者の正当な権利なので、堂々と取得しましょう。

大切な人と旅行に行ったり、一日中ゴロゴロしたり、普段なかなか出来ないことをすると良い気分転換になりますよ。

2.家族や友達に相談する

2.家族や友達に相談する

人は思っていることを言葉に変換することによって、ストレスを解消することができます。

自分の中だけに溜め込まず、家族や友人などの信頼できる人に会社でのストレスの原因を話してみましょう。

第三者の目線から意外なアドバイスを貰うことができるかもしれませんし、話して言葉にすることによって、自分でも分からなかったストレスの本質に気づくことができるかもしれません。

ただしここで注意しなければならないのが、話の内容が「ただの愚痴」にならないようにしたいということ。

愚痴を言っても問題が解決する訳ではないので、下手をすると怒りが再燃してさらなるストレスを生んで場合があります。

あくまで「相談」として、他者のアドバイスを求めるような形にしましょう。

3.良質な睡眠をとる

3.良質な睡眠をとる

すごくイライラした気分のまま寝ても、起きたら意外とスッキリしていた経験ありませんか?

睡眠はただ体を休めるだけでなく、寝ている間に記憶の整理をするという役割も持っています。

睡眠は心身の休息とメンテナンスのために必要不可欠なんです。

睡眠時間が足りないとそのメンテナンスが不十分になってしまい、結果的に体も心も疲れたままなんてことに…。

どうしても眠れず、睡眠が足りていない時は、寝るためだけに会社を休んでしまうのも心身を健康に保つひとつの手段です。

「自分の心身の健康よりも大切なものはない」と肝に命じておきましょう。

4.美味しいおやつを食べる

4.美味しいおやつを食べる

ストレスを抱えている時には、リラックスした状態で美味しいものを食べるのがおすすめです。

一人で部屋にこもって食べてもよし、友達や家族とワイワイ食べてもよし。

極力自分にとってストレスの少ない環境で、自分の好きなものを食べるようにしましょう。

ただしヤケ食いのような無理な食べ方はNG。

ストレスを感じている時に過食をすると、最悪の場合依存症(過食症)に陥ってしまうこともあるので注意が必要です。

きちんと栄養バランスの考えられた食事を3食取りつつ、おやつ感覚で食べるのがベストです。

リラックスしたい時には、カルシウムやポリフェノール、ビタミンが多く含まれている食べ物がおすすめですよ。

リラックスしたい時におすすめのおやつ

  • ミルクビスケット
  • 煮干し
  • チーズ
  • 新鮮なフルーツ   など

おやつと一緒についコーヒーを飲みたくなってしまいますが、コーヒーなどのカフェインが多く含まれている飲み物は興奮の元になってしまうので、あまりおすすめできません。

大事なおやつタイムが新たなストレスを生んでしまっては本末転倒です。

リラックスしたいならコーヒーよりもカフェインが少なめの緑茶がおすすめ。

緑茶に多く含まれているテアニンという成分にはリラックス効果もあるので、ストレスを抱えている時には最適な飲み物ですよ。

5.オフの時は仕事のことを考えない

5.オフの時は仕事のことを考えない

せっかく有給休暇をとったり、睡眠をとるために会社を休んでも、家で会社のことばかり考えていては意味がありません。

大切なのは「会社の外では会社のことを考えない」というマイルールを儲けることです。

あえて自分の中でルール化することによって、自分の思考をコントロールしやすくなります。

ついつい自分の仕事の状況や、次に出勤した時の周囲の目が気になってゆっくり休めない人も多いのですが、時間は有限です。

どうせ同じ時間しか休めないのなら、全て自分のためだけに使ってやる!くらいの心意気でOK。

ストレスの元は綺麗さっぱり忘れて、「休む時は休む」を心がけましょう。

会社でストレスを感じたら、自分を一番大切にする勇気を持とう

今回は会社でストレスを感じた時の対処法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

会社員をしているとついつい仕事第一になってしまいがちですよね。

もちろん仕事のモチベーションを高めるために「自分がやらなくては!」と自分自身を鼓舞するのは良いかもしれませんが、もしそこに少しでもストレスを感じてしまっているのなら、そんなことは今すぐやめましょう。

自分の心身の健康以上に大切なものなんて、会社には存在しません。

無理と思ったらすぐに逃げる勇気を持つことが、自分を助けるための一番の秘訣ですよ。

この記事のライター

ブログ運営局

最新の記事