忙しい人必見!季節の変わり目に体調を崩しやすい理由と3つの対策法

忙しい人必見!季節の変わり目に体調を崩しやすい理由と3つの対策法

季節の変わり目は、気をつけていてもどうしても体調を崩してしまいがちですよね。

分かっているならば、事前に対策をしておきたいものです。

今回は、そんな季節の変わり目に体調を崩しやすい理由と対処法についてご紹介します。

季節の変わり目に体調を崩す3つの理由

まずは、季節の変わり目にどうして体調を崩してしまうのか、理由をご紹介します。

1. 気温差

1.気温差

季節の変わり目は、昼と夜の気温差が大きくなります。

また、月平均の気温の寒暖差も大きくなることで、体が気温差にビックリしてしまいます。

季節の変わり目である3~4月、6~7月、9~11月は特に寒暖差が大きくなるので体調を崩してしまう人が多いでしょう。

人の体は気温に応じて体温調節をするためにエネルギーを使うため、寒暖差が激しい状態が続くことでエネルギー不足になり、体が疲れてしまうのです。

2. 環境の変化

2.環境の変化

季節の変わり目は気温差が激しいだけでなく、環境の変化が起こりやすい時期でもあります。

春の進学や進級、会社での異動、引っ越しなど、生活環境が大きく変わることも多いでしょう。

生活環境が変わることで、生活リズムが崩れたり、ストレスを感じたりすることが多くなるため、季節の変わり目は心身が疲れてしまうのです。

また、環境が変化するのに合わせて忙しくなり、心身を休められないこともありますよね。

このようなストレスや疲れが自律神経の乱れを引き起こしてしまい、体調不良になってしまうのです。

3. 自律神経の乱れ

2.環境の変化

季節の変わり目の体調不良は、気温差や気圧の変動、ストレスによって自律神経が乱れることが原因で起こることも多いです。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、普段はこれらが上手くバランスを取ることで様々な作用をしています。

交感神経が興奮状態になると、抑鬱やめまいの悪化、血圧の上昇などの症状が現れ体調不良を起こします。

自律神経が正常に機能するためには、規則正しい生活リズムを崩さないことが大切です。

また、空調の効いた部屋にいたり、昼夜逆転するような生活をしていたりすると自律神経が乱れ、季節の変わり目の体調不良に繋がります。

季節の変わり目にできる3つの対策

ここでは、季節の変わり目に体調不良にならないための対策法を、3つご紹介します。

1. 睡眠

1.睡眠

睡眠をしっかり取ることは健康のために必要不可欠です。

寝ている間は副交感神経が優位に働き、心身を休ませてくれます。

深い睡眠を取るためには、40度前後のお湯に15分程度入浴するのがおすすめですよ。

体を温めることで寝つきが良くなり、良質な睡眠を取ることができますので、季節の変わり目は特に安定した生活リズムを意識したいですね。

2. 食事

2.食事

季節の変わり目に体調不良を予防するには、自律神経を整える食べ物も効果的です。

ビタミンBには、神経の働きを正常に保つ役割がありますので、自律神経のバランスを崩さないためにも、忙しい時ほど意識して取り入れるようにしましょう。

また、マンガンには神経過敏を和らげ、カルシウムはイライラを抑える働きがあります。

食べ物だけでなく、合わせてハーブティーなどを取り入れることもおすすめですよ。

3.リラックス

3.リラックス

ストレスを多く感じている時は、心身をリラックスさせるように心がけましょう。

副交感神経を優位にすることが、自律神経のバランスを整えるためには重要です。

好きなことをしてのんびり過ごしたり、マッサージをして心身のメンテナンスをしたりするのがおすすめですよ。

首や目をホットタオルで温めることで、血流を良くすることも自律神経を整えるのに効果的です。

鎮静効果のあるアロマを焚くなど、自分に合ったリラックス方法を探してみてくださいね。

季節の変わり目もしっかり体調管理!

季節の変わり目は、忙しくて体調管理がおろそかになりがちです。

今回の記事を参考に、季節の変わり目も元気に乗り切りましょう。

自律神経の乱れが気になる方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

意外と知らない?ストレスと自律神経の乱れによる4つの症状とは?

リラックスが下手なあなたへ。

リラックスが下手なあなたへ。

仕事のストレスや毎日の心の疲れを、たった10分で解消しませんか?


肩の力を抜いてご自宅で簡単にリラックス、Simple瞑想はあなたの毎日を応援します。

詳細はこちら

この記事のライター

ブログ運営局

最新の記事